メニュー

立秋

[2023.08.08]

 暦の上では秋が始まるとされる立秋ですが、まだまだ熱中症に気を付けなければならない暑さが続いています。昔の人は秋への移り変わりをどの様に感じていたのでしょうか。「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」と、秋の気配をかすかに変化した音で感じ取り古今和歌集に詠んだのは藤原敏行です。普通の人にはこのような繊細な感覚は難しいと思いますが、澄み切った空を眺めると秋だなあと感じます。夏には入道雲が思い出されますが、秋の空は天高く鰯雲や羊雲といった巻積雲が印象的です。なお、天が高く感じられるのは、秋の空気は乾燥して水蒸気が少ないため太陽光は散乱し難くなり、空気の透明度は高くなり空が高くなったように見えるからだそうです。私にとって夏の日差しは眩しく見えるのに対し秋の方は輝いて見えます。

 

HOME

ブログカテゴリー

分類なし
施設長

ブログカレンダー

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME